FXを始めるならSBI FXトレード!

2013年03月09日

2013FX 確定申告


2013年は、2012年に大きく変更された税制から見ると僅かばかりですが、
税金を納める投資家にとっては大きな変化となります。
 
昨年はFXの税金のシステムが大きく変更された年となりましたが、
今年からは「復興税」が導入された事により、FXの税金が変わっています。

2012年より、FXやCFDなどの損益に対して取引所取引と店頭取引の
税制が統一された事により「一律20%」となりましたが、
2013年1月1日より発生した利益に対しては、
「一律20.315%」が適用される事になりました。

2012年の税制改正の適用にともない、2012年1月1日以降に行われる店頭FX、
または店頭CFDなどの店頭デリバティブ取引に係る税制が取引所取引と一本化され、
税率20%(所得税15%・住民税5%)の申告分離課税へ変更されましたが、
東日本大震災の発生を受け2013年より「復興特別所得税」が適応され、
税率20.315%(所得税15%・復興特別所得税分0.315%・住民税5%)の
申告分離課税へと変更されました。
タグ:2013 FX 確定申告
posted by kelly at 19:09| Comment(0) | 2013FX 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。